対人恐怖を感じるあなたの為のメンタルサプリ

都内在住30歳のサラリーマンが、対人恐怖を感じる方のリカバリーをテーマとして、仕事とのつき合い方や恋愛等に関する前向きな考え方を随時発信致します。

Q.「童貞を卒業するにはどうすれば良いですか?」

こんにちは。
今年30歳となる管理人のアキです。
本日のテーマは恋愛。
恋愛未経験の方を対象に、恋愛力を高める為のちょっとした考え方のコツを紹介いたします。
未経験者だけでなく、経験があったとしても極端に少ない方、極端にブランクがある方、今現在恋活・婚活で苦労されている様な方々もご参考下さい。
私自身が男性である為にあくまでオトコ目線からの記事となりますが、女性の方々にも十分参考になる内容になると思います。
それでは、さっそく参りましょう。
 
■対象となる異性のハードルを徹底的に下げてみる
性体験の無い方が、童貞を卒業するにはどうすれば良いのでしょうか。
その様に尋ねられた場合、私であれば次の様なアドバイスを贈ります。
「対象となる異性のハードルを徹底的に下げましょう。」
極端な話をすれば、「どんな相手でも構わないから1度セックスを経験しましょう」ということなのです。
 
■遊び人M君と、一般的な学生の違い
高校時代、同級生にM君という、学年でも有名な遊び人いました。
ルックスが特別に恵まれているわけでもなく、話術が巧みというわけでもない。
そんなM君が、ふとした時にこんな言葉を口にしました。
「部屋を暗くさえすれば、相手が誰であろうと関係ないよ。」
 
恐らく、M君が童貞であった高校入学時点では、彼と、僕を始めとする一般の学生との間に大きな差は無かったはずです。
けれども、僕らがお目当ての相手に告白しては振られてを繰り返している間、彼は落とせそうな相手を片っ端から口説き、成功体験を積んでいたのでしょう。
その成功体験の積み重ねは、やがて大きなものとなり、僕らとM君との間には埋めようの無い恋愛力の格差が生まれたのです。
 
■ハードルを徹底的に下げることで、成功体験を掴んでみる
恋愛力を高める1番の方法は、成功体験の積み重ねです。
相手が誰であろうとも、実際に異性を口説き落としたという実績により、オスとしての自信が漲り、気持ちに余裕が生まれます。
この自信や余裕は、プラスのオーラとして醸し出され、別の相手を口説く際の成功率アップへと繋がるのです。
 
反対に、元々性的な魅力で劣る男性は、この様な成功体験をなかなか掴むことができません。
性的な魅力で劣る⇒成功体験を掴めない⇒恋愛力が低いまま。
これが、モテない男性が陥りがちな負のループの正体なのです。
 
この様な悪循環を断ち切る為の特効薬が、冒頭の異性のハードルを徹底的に下げるという考え方。
性交渉の対象となる異性の幅を思いっきり広げる。
そうすることで、自分の力で成功体験を掴むのです。
 
■年単位で恋人がいない方にも頭に入れて欲しい
対象となる異性のハードルを徹底的に下げる。
この様な考え方をおススメしたいのは、性体験がゼロの方だけではありません。
ここ数年間恋人がいない方にも、頭に入れて欲しい考え方なのです。
 
年単位で恋人がいない方が陥ってしまいがちな罠が、別れた元彼・元カノを神格化してしまうということ。
何かしらの不満があって上手くいかなかったはずなのに、時が経つにつれ甘い思い出だけを頭に残してしまいます。
その様にして昔の相手を過大評価することで、目の前にいる次の恋人候補へのハードルが自ずと上がってしまうのです。
 
相手に求めるハードルが上がることで、恋愛から遠ざかる。
恋愛から遠ざかることで、恋愛自体に対する自信を失ってしまう。
その様な事態から脱却する為にも、まずは相手に求めるハードルを思い切って下げてみましょう。
その様にして成功体験を味わうことで、モテに対する自信を育むのです。
f:id:tenjinnoyu:20160313185531j:plain
 
■自己紹介
自身の経験を活かし、対人恐怖症との付き合い方に関する情報を発信します。
現在、某メーカーにて営業職として働いている傍ら、Webライターとして、苦しい働き方から抜け出す方法を模索中。
その第一歩として、セルフブランディングを図るべく、まずははてなブログにて、ブログ記事を100件投稿することを目標に掲げております。
「人づきあいが怖いあなたの為のメンタルサプリ」
 
■告知
当ブログでは寄稿を随時、募集しています。
自分でブログを持つのはめんどくさいけれど、ネット上で配信してみたい! という方、是非、ご連絡を。
主に、メンタルヘルス、対人障害、生きづらさ、恋愛関連などについて書いていただけれたらなと思っています。
 また、自分では書けないから記事にして欲しいという方もメールでご相談ください。
質問なども受け付けています!
なんでも答えますよ~! 
kentarou.aki@gmail.comまで!