読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳・貯金ゼロのサラリーマンが、ポイントサイトを活用して婚約指輪を手に入れる!

30歳で貯金ゼロ。 都内で1人暮らしをするサラリーマンが、彼女に婚約指輪を購入する為の奮闘記です。 ポイントサイトを中心とした副収入はもちろん、ムリの無い節約術等もご紹介致します。

Line payカードの活用で、月々のカード払いに対する実質還元率は2.5%に!!

f:id:tenjinnoyu:20170205192253j:image昨年末から僕が、メインのクレジットカードとして使っているのがLine payカード。
ファミマTカードからのチャージでTポイントが最大1%、カード支払いで¥100につきLine payポイントが2%付与されると言う超高還元カードです。


チャージ分の1%と、カード支払い分の2%を足して、3%還元カードとして紹介されることの多い同カード。
ただし、プリペイドカードと言う性質上、光熱費に対して使うことが出来ない為、還元率の劣る別のカードで補っていく必要があります。


また、支払い時に付与されるLine payポイントは、¥100ごととなります。
¥100未満の額がポイント対象外となるので、付与されるLine payポイントは正確には2%未満となるのです。


それでは、Line payカードを活用することで、現在の僕の月々のカード払いに対するポイント還元率は何%となったのでしょうか。
ひと月のカード払い額を¥100,000として計算してみました。


まず、支払い額¥100,000の内、携帯、ネット、電気等の光熱費は約¥15,000。
これ等の支払いに対しては、1%還元のYahooジャパンカードを活用しております (リクルートカードの方が還元率は高いのですが、Line payチャージ時にファミマTカードへ付与されるTポイントと合わせる為)。


一方で、カード利用を開始した昨年末から2/5迄のLine pay累計ポイントは1,908ポイント。
累計支払い額¥106,785に対するポイント還元率は約1.8%ということになります (僕自身は、コンビニで100円を切る炭酸水を買うにもLine payで支払っている為、高額品のみ使用される方の還元率はもう少し上だと思います)。


上記の1.8%に加え、ファミマTカードからのチャージ分としてTポイントが1%がプラスされて、Line pay利用分に対するトータルのポイント付与率は約2.8%ということに。
支払い額¥100,000から光熱費の¥15,000を差し引いた¥85,000が対象金額となります。


これ等を計算すると、
(1)光熱費支払い¥15,000 × Yahooジャパン付与1% = 150ポイント
(2)その他支払い¥85,000 × Line pay付与2.8% = 2,380ポイント
(3)総付与2,530ポイント ÷ 総支払い額¥100,000 = 2.53%
と言う数値となるのです。


Line payカードを活用している現時点で、僕の月々のカード払いに対するポイント還元率は約2.5%。
ポイントの付与が1%でもあれば高還元カードと言われる中、同カードが高還元なのは紛れもない事実です。
皆様もぜひご利用下さい。


◼︎残高報告
・全ポイント資産 ¥45,063
・貯金額 ¥140,000


◼︎自己紹介
現在某園芸用品メーカーに営業職として勤務する30歳。
2016年11月に貯金残高がゼロとなり、お金に関して真剣に考える様に。
2018年の9月迄に、現在付き合っている彼女と入籍することを目標に日々奮闘。
はてなブログURL「30歳・貯金ゼロのサラリーマンが、ポイントサイトを活用して婚約指輪を手に入れる!」
http://tenjinnoyu.hatenablog.com/


◼︎告知
当ブログでは寄稿を随時、募集しています。
自分でブログを持つのはめんどくさいけれど、ネット上で配信してみたい! という方、是非、ご連絡を。
主に副収入や節約術等、ご自身のお金に纏わる体験記について書いていただけれたらなと思っています。
また、自分では書けないから記事にして欲しいという方もメールでご相談ください。
質問なども受け付けています!
なんでも答えますよ~! 
kentarou.aki@gmail.comまで!